BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

コンビニの早朝のバイトの特徴・仕事内容について

2020/09/08
コンビニバイトは、一般的に早朝・日中・夕方・深夜の時間帯に分けられていることが多いです。
そこで今回は、コンビニの早朝バイトの仕事内容についてご紹介します。
▼コンビニバイトの早朝の特徴
ではまず、早朝の仕事内容についてお話していきます。
■早朝の時間帯
コンビニの早朝の就業時間は店舗により異なりますが、5時~9時が一般的です。
お店が混雑することはないですが、通勤・通学客が多いので、その際は忙しくなることがあるでしょう。
特に忙しい時間帯は、7時半~9時前の時間帯です。
早朝の給料は、日中に比べると時給はアップします。

▼早朝の仕事内容
・清掃
・品出し、補充
・カウンターフーズの仕込み・調理
・発注
・レジ打ち
・接客
お客さんは、サラリーマンや学生、作業現場で働くスタッフなどが多く利用します。
そのため、学校や会社の近くのコンビニは行列ができ、お弁当やパンの品出しは事前に準備しておくことが必要です。
補充は、おでんや肉まんなどの補充、冬はホットコーヒーなど飲み物の補充があります。

■早朝の時給
コンビニの早朝の時給額は日中のバイトに比べると50円~150円ほど高いです。
時給が高い理由は、早朝に働きたい人や働ける人が他の時間帯より少ないことと通学や通勤時の時間帯は忙しくなるからです。

▼早朝のバイトのメリット
・短時間で高収入、効率よく稼ぐことができる
・早朝のため1日を有効活用できる
・規則正しい生活を送ることができる
また通勤ラッシュもあり、お客さん自身も忙しい方が多く、クレーマーなども比較的少ないです。
早朝のバイトは、生活習慣が適している人には向いているでしょう。

コンビニの仕事に興味がある、挑戦したいという方は、ぜひ気軽にお問い合わせください。